So-net無料ブログ作成

「12月の熱帯夜」で学ぶ韓国“豆”知識 ~第1話 足が痺れた時~ [┣第1話 足が痺れた時]

第1話  『足が痺れた時、韓国では…』

ヨンシムがラジオ番組に応募し、歌を歌ったシーンを覚えていますか?
その現場を見た姑は激怒し…

結局、ヨンシムは姑にひざまずいてお説教されるという、ひどい目にあったシーンがありましたよね。
その後、お説教を聞き終えたヨンシムは、立ち上がる時に足が痺れることを感じて、
何かアクションをしましたが、それは何だったでしょう?
(そこを見逃した方は結構いると思います・・・)


韓国人の習慣といえますが、韓国の人々は足が痺れた時、
唾を人差し指で3回続けて鼻につけると、足の痺れがとれる
と信じています。
ヨンシムも起きながらに、この動きをしていましたよね。
“おまじない”みたいなものでしょうか??
科学的には説明出来ないことですが、韓国ではこれが一番効くと言われています。

日本の場合はどうでしょうか?
一番ポピュラーなものは、足の親指を揉みほぐすという行為ですよね!
韓国と日本、お隣の国同士ながらも、こうも違うものなのです。

足の痺れがとれる方法(!?)だけでなく、
他にもお面白い習慣があれば、どんどん書き込んで下さいね!
皆様の書き込みをお待ちしております!


2006-02-27 20:51  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 2

みっく

日本でも、足がしびれたとき、人差し指をなめたあと、「額に」チョンとさわる仕草をやりますよ。鼻と額の違いであって、同じ理由だと思います。
by みっく (2006-03-16 16:42) 

某ドカタ


Hしてお金もらえるって最高だな!!!!
ぶっちゃけテキトーにやっても月30万越えとか余裕だし(笑)

もう仕事辞めて、これ一本で食ってくわ!!!!(* ̄ー ̄)v
http://j-64yw1.fukushima.coresy.net/j-64yw1/
by 某ドカタ (2011-04-02 17:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。