So-net無料ブログ作成

キム・ナムジン インタビュー(1) [┗インタビュー]

~キム・ナムジン インタビュー(1)~



「12月の熱帯夜」のジョンウ役でお馴染み、キム・ナムジンさんが4月に初来日を果しました!
So-netチャンネル749としては「これは見逃せないチャンス!」ということで、
さっそくナムジンさんの元へ…。
そのインタビューの模様を、皆さまにお伝えいたします!


So-netチャンネル749(以下749) : 初主演映画「春の日のクマは好きですか?」が、6月10日より日本公開されますが、日本の観客にはどのように見てもらいたいですか?

キム・ナムジン(以下ナムジン):この映画は壮大なラブストーリーでもなく、アクションやスリル溢れる場面もありません。しかし、すべてのカップルが共感できるような、ありふれた…小心者な男と想像力豊かな女の子の恋の話です。少し退屈だったり、荒唐無稽な話と感じられる所もあるかもしれませんが、皆さんには“可愛らしい“と感じていただけるのではないかと思います。肩の力を抜いて、気楽に楽しんでいただければと思います。

749 : 改めて自分の演技を見て、どう思いましたか?

ナムジン : 見ていられませんでした。各シーンどれをとっても滑稽に見えましたし、このシーンではあの表情の方が良かった、相手にセリフをもっと正確に伝えれば良かった、と後悔ばかりで……。俳優の中には自分の演技を見ない人もいますが、私は今後も見ながら学んで行きたいと思っています。このように反省もありますが、その一方で、この作品では純粋さが滲み出ていると思います。私だけではなく、監督もドゥナさんもみんな同じ年頃だったので 若い感覚が反映されて、純粋に見えたのではないかと思います。画面はウソをつけないですからね。

749 : 映画とドラマ、演技の上での違いはありましたか?

ナムジン : どちらも難しいです。私の性格はスローなので、気持ちは急いでいても行動も理解も遅い方です。特に韓国ドラマの場合はスピーディーに進行していくので、それについていくのが大変でした。でも人は環境に適応するものなので、スローな私もずいぶん慣れましたよ(笑) 映画もドラマもどっちも大変だと思います。映画は最初からストーリーを全て把握してから入るので、余裕を持って撮影に臨むことができますが、ドラマの場合は、最初の3、4話ぐらいしか出来ていないので、その後の約10話は撮影しながら作っていきます。即興で演技しなければならないので、その都度、感情を作るのが難しいです。

749 : 「12月の熱帯夜」のジョンウと「春クマ」のドンハ。ご本人の素顔はどちらに似ていると思われますか?

ナムジン :ジョンウもドンハも、どちらも自分の一部分ですね。…う~ん(←真剣に悩む) きちんと答えなければならないのですが、どちらも自分の姿なのでその違いを表現して語るのは難しいです。

749 : どちらの役が演じやすかったですか?

ナムジン :そうですね。最初はどちらも役に近づくのは大変でした。ドンハもジョンウも。
しかしストーリーを把握し、私が何を視聴者に伝えなければならないのかを理解し、感情についても分かり始めたら、(役に)近づくのはそんなに難しいことではありませんでした。感情を作り出す段階までがとても大変なので、これをどのように答えればよいか・・・あまりにも曖昧な答え方ですみません! すべてが大変だと思います。

749 : 感情を作り出すことは本当に大変だと思います。ドラマ「12月の熱帯夜」の話になりますが、病気を宣告されたジョンウ。あの演技はとても素晴らしかったですが、涙を流すときは何を思って泣くのですか?

ナムジン : 自分の泣く場面を見たら、子どものように泣いていたことがわかりました。もっと格好良く泣いても良かったのですが、ただ子供のように泣いていたので、モニターを見ながらオーバー過ぎたのではないか? と心配になりました。涙を流すことだけが悲しみを表す方法ではなかったのに、なぜずっと涙だけを流したのか? 自制もあったのですが……。しかし、わざと泣くようにしたのではなく、ジョンウという役の中に入り込んだのだと思います。撮影現場では涙を流そうとするよりは、流さないように心に固く誓ったりしましたから。あのシーンの撮影は運が良かったのです。相手役の俳優や監督にも恵まれましたし。「12月の熱帯夜」のイ・テクォン監督は「ジョンウは私自身だ…」といつも語っていました。監督自身であると、私に対しても愛情を持ってくださり、私がどのような演技をしても全部OKを出してくださいました。

749 : そういうことによって、もっと気楽に演じることができたのでしょうね。

ナムジン : 制作側のスタッフがそのように私を信じて任せてくださったので、言葉にならなくても、撮影現場では信頼感が感じられ、演技するのに助かりました。またオム・ジョンファ先輩にもずいぶん助けられました。撮影がスタートする時、最初にオム・ジョンファ先輩がいらして、「私たちは本当に愛し合う関係になりましょう。(このドラマで)」と……。私はその言葉に本当に勇気づけられました。一般的に、先輩から先に来て「頑張りましょう」ということは、なかなか無いことです。このようなことがあってとても感謝しましたし、力になりました。

749 : オム・ジョンファさんとはとても仲が良いと伺いましたが、まるで本当の姉弟のようですよね。

ナムジン :でも、オム・ジョンファさんはヌナ(お姉さん)という言葉を嫌がっていますよ(笑) 私以外の人からもヌナ(お姉さん)と呼ばれるのを嫌がっていますね。




【インタビュー(2)へ続く】



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。